ブログ

 

田中さんは全国苗字ランキングの第3位で、約134万人いる。田中とは、農地のことで、とくに水田を指す場合が多い。我が国の稲作は西から広まったから、現在でも田中さんは奈良県以西の西日本に多いわけだ。地名も非常に多く、それらの田中という地名から田中さんが生まれたわけだ。

その由来は地名である。古代の大和国に高橋邑(むら)があった。現在の奈良県天理市である。『日本書紀』の武烈即位前紀に「石の上 布留を過ぎて 薦枕 高橋過ぎ 物多に 大宅過ぎ 春日 春日を過ぎ 妻隠る 小佐保を過ぎ」と詠まれている。この地から発祥した安倍氏族の高橋氏は、天皇から大変に信頼され、その食事をととのえる膳(かしわで)を仰せつかった。この高橋さんの子孫も残っているかも知れない。

佐藤さんは全国に188万7,000人ほどいて苗字ランキングの第一位です。そのルーツは第38代天智天皇の重臣藤原鎌足(614-69)の流れをくむ藤原秀郷将軍。室町時代にまとめられた『尊卑分脈』には秀郷の子孫である公清(きんきよ)が左衛門尉(御所の建礼門などを警備する近衛兵の小隊長)に任じられたことを記念して左+藤=左藤と名乗り、苗字は人が使うものなので人偏を加えて現在の佐藤姓が誕生したといわれています。

大豆生田さんという苗字があります。読み方は「おおまめうだ」「おおまみゅうだ」「おおまめだ」など22通りもあると言われています。近年では、玉川大学教授の大豆生田啓友氏が有名ですね。この人は「おおまめうだ」です。

2016年の大河ドラマ『真田丸』の主人公は真田信繁でしたが、真田とはどういう意味でしょう。真の田? とは何のことでしょう。

浮気と書く苗字があります。名刺を出すと、必ず「うわき」と読まれてしまうので、「うき」とフリガナがふってあります。これほど誤解されやすい苗字もないですね。

五百旗頭(いおきべ)さんという苗字があります。五百籏頭とも書き、防衛大学校の名誉教授五百籏頭真(いおきべ・まこと)さんが有名ですね。

日本人の大姓ベスト200のうち、外国からの留学生が読めない苗字の代表格は望月さんだそうです。

そこで「おしらせ」を閉鎖して、家系図講座の日程はこのブログでお知らせすることにしました。