NEWS



「北海道の社寺をめぐり開拓の歴史を学ぶ」の講師を担当します

 道新観光が主催する「北海道の社寺をめぐり開拓の歴史を学ぶ」の講師を頼まれました。第一回(7月28日)は北海道神宮編。本殿での特別参拝、昼食の後、約1時半にわたって私が「北海道開拓と社寺について」というテーマで講演しました。これは定員80名が満員になる盛況で無事に終了しました。

 第2回(9月)以降はバスに乗って道内の神社とお寺を巡る旅に出発します。それぞれの地域の歴史と訪れた社寺の関りについて、現地で私がガイドする予定です。私自身もこの社寺めぐりをとても楽しみにしています。

 興味のある方は道新観光のサイト、または下記のパンフレットをご覧ください。


HPの作業状況を報告します

 現在、「デジタルアーカイブを利用した先祖調査」を鋭意製作中です。地方の人名録の冊数が予想以上に多いため難航していますが、今月中にはある程度終わらせたいと思っています。作業途中ですが、興味のある方はぜひページを訪問して下さい。

 5月26日に「地方の職員録」、同27日に「官員録・職員録」、さらに「全国規模の紳士録・商工人名録・会社役員録」も完成しました。これで全国規模の名簿を目録する作業は終了です。引き続き、地方の紳士録とこれまでの分類に入らない名簿の整理を行っています。


「藩士と幕臣の系図と名簿」の中小藩が課題として残っています。これはデジタルアーカイブの完了後、作業を再開する予定です。8月以降となりそうです。


「日本の苗字ランキング」の作業も途中で止まっています。これは「藩士と幕臣の系図と名簿」の次に再開する予定ですので、初冬頃になりそうです。しばらくお待ちください。


古文書を読む会を開催します

 7月から札幌市のちえりあで古文書を読む会を開催します。昼の部と夜の部がありますので、古文書を読めるようになりたいという方はご参加ください。詳しくはこちらをご覧ください。


有償支援で集まった資金の5%を日本赤十字社に寄付しています

 皆さまの協力により有償支援で集まった資金のうち5%は、年末に日本赤十字社に寄付しています。これは私が日本赤十字社の社員(会員)であり、赤十字の基本七原則に賛同しているからです。

 

問い合わせが増加中です

 ご相談の件数が今年に入ってから右肩上がりで増加しています。現在は1日に1件前後のご相談があります。仕事の合間に回答しているため、要点のみの回答とならざるを得ませんが、お知りになりたいことがあれば、お問い合わせください。


在留邦人の方からの励ましのメールがありました

 今年に入ってアメリカとカナダに在住する複数の在留邦人の方からメールがあり、在留邦人や日系人の先祖調査について、励ましや情報をいただきました。このような在留邦人や日系人の方々とのネットワークを大切にし、将来的にはそれ活かす形で活動できればと考えています。全世界に380万人以上もいるといわれる日系人、在留邦人の先祖調査をお手伝いしたいという方は、「日系人プロジェクト」をお読みになられたうえで、ご協力を名乗り出てください。お待ちしています。


講演NEWS

 常設の講座とは別に開催される講演情報です。直近に開催される人名学・系図学のもののみを掲載しています。なお、参加自由と明記してあるもののほかは関係者限定となっています。


4月29日 終了

 社会福祉法人北海道母子寡婦福祉連合会 北海道母子福祉センター

6月11日 UHB放送大学 道新ホール  終了

 チラシはこちらをご覧ください。

6月20日 札幌市中央区民センター 同センター内  終了

9月24日 女性大学 かでる2・7大会議室


SNS NEWS

 Twitterで人名学・系図学の情報をつぶやいています。

 よろしければフォロワーをお願いします。

 Twitterのアドレスは下記の通りです。

 https://twitter.com/kishimoto_yoshi


不達メールの掲示板

 現在はありません。


2019年7月29日更新