真田はかつて実田と書かれていた

2018年11月16日

 2016年の大河ドラマ『真田丸』の主人公は真田信繁でしたが、真田とはどういう意味でしょう。真の田? とは何のことでしょう。

 真田氏の故郷は信濃国小県郡にあった真田郷です。真田郷は現在の長野県上田市真田町。この地の初見は応永7年(1400)ら出たといわれる『大塔物語』に見える「実田(さなだ)」の記載です。室町時代の真田氏は実田と書かれていたのです。 

 では、そもそも「さなだ」の語源は何でしょう。これは旧暦の五月に苗を植える早苗田(さなえだ)のことと推測され、本来は「さなえだ」と呼ばれていましたが、言いにくいので「さなだ」へと変化したものと思われます。

 その「さなだ」に最初に当てられた漢字は実田でした。「実」は佳字、縁起の良い文字です。実には、作物が良く実るようにという願いが込められていたのです。


 

 それがどうして真田に変わったのでしょう。それは実という漢字には、「実の息子」と言うように「本当の」という意味があるからです。真にも「本当の」という意味があることから、いつしか真田と書かれるようになりました。

 早苗田(さなえだ)から実田(さなだ)、そして真田へと二転三転したわけですね。

 なお「さなだ」は狭名田とも書かれました。これは「さなだ」の地が山に囲まれた狭い山の中にあったからです。

 苗字の由来は本当に面白いものです。こうして調べてみなければ、真田が実は「春に苗を植えた田」のことだということも、もともとは佳字の実が使われていたことも分かりません。真田信繁の武勇は広く知られていますが、その苗字の由来はまだほとんど知られていませんね。


 苗字や家系図に興味のある方は下記のリンク記事もお読みください。