五百旗頭さんは皇子の名前に由来する

2018年11月07日

 次回の道新家系図講座は11月20日です。


 五百旗頭(いおきべ)さんという苗字があります。五百籏頭とも書き、防衛大学校の名誉教授五百籏頭真(いおきべ・まこと)さんが有名ですね。

 その由来は遠く第12代景行天皇の皇子五百城入彦(いおきいりのひこ)にまでさかのぼります。

 古代では天皇や皇族に隷属する私有民のことを御名代部(みなしろべ)といい、仕える貴人の御名から部族名が決められました。五百城入彦にも配下の御名代部があり、その名は「いおきべ」と言いました。これに五百木部、あるいは伊福部という文字を当てたのです。伊福部のほうは後に「いふくべ」と呼ばれることが多くなり現在に至っています。ゴジラの音楽を作曲した伊福部昭さんが有名ですね。

 一方、五百木部のほうは五百旗頭、五百籏頭と文字が改められました。改められた時期については、言い伝えはあるものの定かではありません。

 以上が五百旗頭さんの由来ですが、現在の五百旗頭さんが五百城入彦の御名代部の子孫かと言うと、なんとも言えません。平安前期の医師で清和天皇などの侍医を勤めた五百木部全成(いおきべのうつなり)がいますから、その子孫かも知れません。また古代の五百木部氏の居住地から「いおきべ」地名が生まれ、そこに住んだ家が「いおきべ」を苗字とし、五百旗頭と文字を改めたとも考えられます。



 もうひとつ興味があるのは、「いおき」の古語「いほき」の語源です。「いほき」は「いふき」と同源と推測され、全国的に有名な「いぶき」といえば、近江国(滋賀県)の伊吹山ですね。ここの「いぶき」は「い」が接頭語で、「ふき」は強風が吹きつけること。たしかに伊吹山から吹く強風はよく知られています。昔はこれは魔神のしわざと信じられ、五百城入彦の異母兄である日本武尊が退治に出かけましたが、反対に大ケガを負って伊勢国(三重県)で亡くなりました。死後、日本武尊は白鳥に姿を変えて、大空へ飛び去ったといわれています。

 苗字や家系図に興味のある方は下記のリンク記事もお読みください。