黒石藩


1万石 外様 津軽氏 青森県黒石市 


黒石市 こみせ通り
黒石市 こみせ通り


「明治元年武鑑」より。


〔家老〕

長崎 勘介

小田切 覚蔵

吉村 真右衛門


〔番頭〕

佐藤 宗右衛門


〔用人〕

唐出 靱負

鈴木 繁太郎

境 三蔵

福士 文左衛門

佐々木 友作


〔御城使〕

尾坂 伊平

小田切 愛蔵


 明治3年(1870)正月の職制。『津軽黒石藩史』より。


唐牛桃里

〔第一等〕

(大参事)

佐々木 治

(権大参事)

唐牛孤睡

〔第二等〕

(少参事)

尾坂静逸

(権少参事)

榊 繁利 

山崎 伝

〔隊長〕

三浦太源

伊藤太久摩

〔同准格〕

椎野 事

益子 央

〔御家令〕

鳴海喜齢

〔文学雄督学〕

鳴海恭蔵

〔武学横督学軍務局長〕

小田切軍曹

〔郡正局長・市正局長・会計局長・大観察〕

(注)長内は上の4職を兼ねる

長内良太郎

〔第三等〕

(公用人・小隊司令士)

小田桐一用

黒石原五郎

今田真守

斉藤雄馬

発田寿門

〔准格第四等〕

高3石5俵嫡子4人扶格

(郡正副長)

佐藤宗治

佐々木元衛

(市正副長)

信田 篤

境 宥治

(会計副長)

伊東 栄

横山儀衛

秋元永助

川村庫雄

佐々木全二

益田茂苗

千葉又四郎

新岡伝七郎

(文場講師)

加藤 新

(式場教師)

対馬 梢

雄父尼隆助

木立永蔵

棟方 理

(平内村令)

木村惣蔵

逢坂久良太

三浦小一郎

(秋山村令)

高橋雄吾

(大炮司令士)

小形其太郎

小田切勝太郎

(半隊司令)

吉村俊助

佐々木均一

小田切嘉助

(近侍兼)

佐蔵全平

鳴海一雄

唐牛 檐

竹川益雄

(書記兼)

箕輪田兜一郎

棟方虎太郎

(近侍兼)

佐蔵三喜蔵

野際源吾

(同准格)

成田交格

市原八郎

(器械司)

小枝元作

(准格)

信田貴貸

加藤新吾

〔第五等〕

(伝令士高30俵 嫡子3人扶格)

満谷鎌太郎

境 貞太郎

榊 良之助

福士作太郎

棟方新発吉

菅沼藤吉

小山内文治

関 留蔵

対馬寿造

本村 屯

鳴海要助

上田筆蔵

北角丹治

木村東四郎

碓井保雄

加藤文平

秋元丈助

安孫子安太郎

棟吉庄八

木村 定

須藤 恊

高橋末吉

木村平作

新岡慶吉

石沢修作

大高寿久造

〔同准格〕

佐藤一衛

盛田彦八郎

成田庄蔵

山田半三郎

尾坂鋼太郎

福士幡次郎

箕輪田礼作

千葉吉門

(医師)

盛 瑞策

吉田理庵

益田道策

伏見玄琳

兼田元岱

吉田玄有

兼田安静

松野元佑

(公務方書記)

小枝紋三郎

(営造方)

安孫子源蔵

横山儀八郎

(諸調方)

碓井 清

(錠番兼)

木村清作

榊 円治

〔一等銃隊〕

木田彦作

天内亀作

山田半助

信田直太郎

山口茂十郎

棟方源太郎

益子力太郎

信田文作

鈴木良蔵

盛田耕太郎

天内蔵太郎

木立志馬

新岡 豊

溝江良治

山口甚平

清野秀蔵

逢坂文次郎

坪谷直八

阿部左文

菅沼新太郎

辻村 進

須藤良蔵

畑井多平

〔同准格〕

棟方秀弥

福士留弥

辻村孫六郎

阿部 昇

鳴海源作

菅沼小十郎

三浦恒次郎

坪谷孫九郎

鳴海次郎作

加藤一値僖

榊 多市

清野武治

(会計方)

寺田喜平

小枝要吉

高谷其弥

(第六等・准格器械調方・村調方)

竹内喜次郎

(社寺調方・准格刑法調方・筆生)

新岡安衛

(医 生)

唯井豊庵

岡崎宗栄

北岡木同

対馬太成

〔二等銃隊〕

山田東吾

佐々木直市

山田淑蔵

浜田健治

阿部周作

横山与古

木村勇蔵

花田幸治

寺田松四郎

天内礼五郎

上原礼治

新岡捨八

山田源作

尾坂得也

新岡耕八

小山内東市

野村彦弥

高橋貫一郎

村山蔵吉

信田慶輔

(糺察方)

石沢俊蔵

米内弥惣八

奈良弥吉

小山内慶三郎

野呂由太郎

山本清三郎

佐勝宗作

木村勝四郎

木村平助

村山徳二

中村与惣治

花田喜平治

高橋文内

佐勝養吉

中谷滝三

新岡耕助

〔同准格〕

小山内広助

(会計方兼)

中付与三郎

尾坂耕蔵

(庖人添番兼)

山本源四郎

(郡正方同准格)

奈良衛治

(会計方)

加藤忠治

(市正方)

水付源助

斉藤清吉

(会計方山林方)

千葉彦市

千葉辰三郎

千葉勝弥

(山海方)

白井彦平

堀内銀蔵

三浦庄太郎

〔同准格〕

奈良運蔵

野呂四郎治

木村源左衛門

木村平治

木村宇市

鈴木一郎

小山内重三

秋庭吉弥

木村周作

外崎繁一郎

(筆生兼)

藤本堅助

斉藤繁蔵

木村源蔵

〔大砲方二等銃隊人〕

雪田長治

森山茂吉

堀内改吉

三浦市助

横山金弥

木村元八郎

木村清助

佐藤忠太

一井庄作

藤田忠吉

福士徳蔵

鎌田潜蔵

山村唯四郎

長谷川勝之丈

岡崎守三

酒井雄吉

花田元太郎

木村熊太郎

寺田八五郎

平内筆生

新岡衡平

〔同准格〕

福士弥平

村山長八

佐蔵重蔵

(兼筆生)

天内弥七

(郡正筆生兼)

横山武三郎

坂木太左衛門

木村杢蔵

八木半次郎

〔六等准格給夫〕

木村道由

良弥一郎

斉藤徳太郎

藤本小三郎


【明治初年の士族と卒族の戸数】

士族 233戸

卒族 415戸


【藩士名簿】

『津軽黒石藩史』 森林助編 歴史図書社 1976年

「黒石家中一列次第及目見以上名員」 弘前市立図書館津軽家文書


 特定の藩士についてもっと詳しく知りたい方、ご先祖が藩士と聞いているものの、確認する方法が分からないという方は、当サイトのご相談からお問い合わせください。