読書の賜物(2)



 さきに掲げた宮子村には、明治四年「苗字附改帳」をさかのぼること二九年前の天保一四年(一八四三)九月の「頼母子取立御加入御姓名帳」がある。頼母子帳にはすべて苗字が記載されており、宮子村の住人四五名が載っているが、そのうち三五名が「苗字附改帳」の苗字名前と同一である。

 また明治三年の平民苗字許容令の前年の「神葬祭願書」があり、そこには寄金をよせた村人一〇五名が載せられているが、そのうち七〇名が「苗字附改帳」と一致する。


 『名前と社会 -名づけの家族史ー新装版』(シリーズ比較家族第Ⅱ期3)

  上野 和男・森 謙二編 早稲田大学出版部 2006年


 文中の「苗字附改帳」というのは群馬県那波郡宮子村(伊勢崎市宮子町)に残されていた文書で、正式な名称は「明治四年 御一新改正ニ付百姓苗字附ル」というものです。翻刻されたものが『群馬県史』資料編近世6(1986年)に収録されています。この文書は明治3年(1870)9月19日の太政官布告で「自今平民苗字被差許候事」という平民苗字許容令を受けて、宮古村の農民がどのような苗字を名乗ったかが分かるものです。そして、この「苗字附改帳」に登録されている苗字の大半が、さらにさかのぼった天保14年(1843)の「頼母子取立御加入御姓名帳」にも見えるというのが興味深い点です。

 江戸時代の庶民が実は苗字を持ち、非公式の場では使用していたことは昭和27年(1952)に早稲田大学教授洞富雄氏が発表した「封建社会における百姓・町人の苗字」によって報告され、それ以降、同様の報告が相次いだことにより、現在では定説となっています。

 しかし、ここで重要な問題があります。それは江戸時代の庶民の苗字の起源はいつかという点です。天保年間の私文書に見える村人の苗字は、江戸時代以前の中世に生まれ、それが連綿として伝えられてきたものなのでしょうか。あるいは武士を真似て、江戸時代に創姓されたものなのでしょうか。実際にはこの両方が混在していたであろうと私は想像していますが、この問題を史料を用いて論じたものがまったくありません。

 この課題は、ある村の江戸初期から明治にいたるまでの私文書を調べ、そこに記されている苗字の出現状況を確認することで、推理の手掛かりを得ることができますが、そのような都合の良い私文書がはたして大量に残されている村があるのかどうか。もしあるとすれば、ぜひとも調べてみたいものです。