新庄藩


 8万3,200石 外様 戸沢氏 山形県新庄市


武家屋敷
武家屋敷

 「明治元年武鑑」より。


〔御家老〕

吉高勘解由

川部伊織

上枝勒馬

松井喜右衛門


〔御中老〕

寺内弥蔵


〔同格〕

猶岡北馬之助


〔御番頭〕

馬塲五郎右衛門

山内刑部

瀬川小兵衛

小山八蔵

駒杵三郎


〔御用人〕

戸澤左膳

倉知宇門

井關外記

舟生源右衛門

竹村直記

北原勘平

本堂右近


〔御側用人〕

中村善作


〔御城使〕

中尾勘蔵


〔御添役〕

波多野治右衛門


 安永年間(1772-80)に作成された新庄藩士の系図集「新庄藩系図書」(『(新庄)郷土資料叢書』第15~16輯 新庄市立図書館編刊 1983-84年)より収録苗字一覧。


〔巻之一〕

戸沢

武石

楢岡

吉高

楢岡

戸沢

杉山

戸沢

杉山

大光寺

戸沢

戸沢

楢岡

〔巻之二〕

戸沢

井関

馬場

本堂

小山

山内

小野寺

白岩

天野

益田

瀬川

瀬川

川部

戸沢

〔巻之三〕

長野

北条

倉知

松坂

大場

小野

八柳

竹村

戸沢

山田

三上

舟生

大塚

好間

杉山

常井

〔巻之四〕

小磯

松井

竹尾

河上

佐久間

津田

児玉

甲嶋

松田

富樫

須永

小林

長浜

常葉

中尾

黒川

田口

一谷

〔巻之五〕

駒木根

戸沢

相馬

相馬

小山田

入江

西村

岡村

福田

門屋

折下

平賀

余語

北条

大川

大久保

山名

堤林

〔巻之六〕

山本

可児

高橋

秋江

岩間

新居

佐々木

雨谷

土肥

古川

佐野

清瀬

安藤

和田

細田

唐牛

安見

梅沢

上野

上村

鈴木

斎藤

〔巻之七〕

星野

水原

高橋

信夫

信夫

門屋

門屋

太田原

寺内

木田

中村

角館

熊沢

伊木

中村

波多野

桜井

津田

大沢

皆川

川田

鈴木

松沢

伊藤

〔巻之八〕

長松

村井

安部井

安嶋

隠明寺

松永

金田

金田

小屋

吉田

加藤

小川

沼沢

永井

高橋

守下

遠藤

檜原

下田

山崎

矢作

門屋

大関

村越

岡野

尾村

中西

〔巻之九〕

玉山

竹内

工藤

佐々

中里

深津

鈴木

進藤

茂木

茂木

大場

鎌田

荒木

長野

西野

福永

高苗

黒田

小山田

平塚

田口

神崎

大類

井上

佐藤

竹田

足達

小宮山

沼沢

鈴木

早坂

長南

柿崎

井上

小野

江口

〔巻之十〕

波多野

岩田

門屋

小館

斎藤

玉沢

大条

青木

近藤

杉沼

鈴木

豊後

有住

沼沢

矢野

白川

栗田

田口

菊池

松浦

溝延

千葉

平賀

斎藤

黒沢

吉田

吉田

永田

富沢

富田

古瀬

土崎

三浦

江口

丸山

須賀

須賀

十時

大場

三浦

早坂

早坂

加藤

小野

郷下

真壁

河野

今井

矢口

和田

武田

奥山

〔巻之十一〕

松倉

伊藤

高橋

伊藤

奥山

小林

佐藤

池田

伊藤

押切

高橋

杉山

阿部

黒沢

内藤

片倉

鈴木

大塚

小嶋

伊藤

伊藤

陶松

本間

加藤

鈴木

加々美

鈴木

荘司

荘司

跡部

高橋

早坂

阿部

野木

稲嶋

津島

大山

大場

大場

三原

中嶋

松井

松井

伊藤

大泉

横山

菊地

大竹

星川

佐藤

荒木

板垣

逸見

三木

中村

戸村

大室

長沢

紀伊

正蔵院

南学院

威徳院

〔巻之十二〕

片岡

戸沢

杉沢

山家

相原

児玉

田中

本間

堀江

奥田

中村

須田

前田

鈴木

熊谷

永山

山形

行方

大高

武田

斎藤

松田

冨田

長田

永田

三輪

長谷川

富樫

大熊

小山

滋野

今井

今泉

市川

大関

小野

田中

三坂

村松

小林

水谷

藁谷

市川

綱山

長浜

舟生

石川

飯田

綱木

綱木

益田

益田

伊藤

高木

進藤

小野

堀江

藤野

鵜沼

井上

下田

田中

臼井

柴田

諸田

吉川

遠山

田口

山田

小嶋

田中

坂倉

斎木

伊藤

寺田

大友

鈴木

荘司

矢沢

海藤

三浦

伊沢

荒木

笹原

八鍬

福原

保田

高山

中村

進藤

〔巻之十三〕

戸沢家譜


【明治初年の士族と卒族の戸数】

士族 521戸

卒族 761戸


【系図・家譜・由緒書】

「新庄藩系図書」 『郷土資料叢書』第15~16輯 山形県新庄図書館 1983-84年


【藩士名簿】

(維新前後)「新庄家中屋敷割」 『最上郡史料叢書』嶺金太郎編 葛麓社 1925年 国立デジタルコレクションで閲覧可能

(戊辰戦争)「新庄藩隊伍人名録」 『稿本新庄藩戊辰戦史』常葉金太郎編 葛麗社 1923年 国立デジタルコレクションで閲覧可能

「明治16年 士族名簿」 『新庄市史編集資料集』第5号 新庄市教育委員会 1986年


 特定の藩士についてもっと詳しく知りたい方、ご先祖が藩士と聞いているものの、確認する方法が分からないという方は、当サイトの相談からお問い合わせください。