尾張藩(名古屋藩)


 61万9,500家 御三家 徳川氏 侯爵 愛知県名古屋市


名古屋城
名古屋城


「明治元年武鑑」


(御家老)

成瀬隼人正

竹腰龍若

志水甲斐守

石河佐渡守

渡邊半蔵


(御年寄)

水野石見守

渡邊対馬守

間宮外記

津田太郎兵衛

成瀬能登守

瀧川安房守

千賀与太郎

横井伊折介

渡邊新左衛門

横井三太夫

鈴木嘉十郎

寺尾土佐

佐枝新十郎


(御城代)

佐藤弥小治


(同格)

野呂瀬戸半兵衛

榊原勘解由


(御側御用人)

肥田孫三郎

内藤喜左衛門

渋谷三左衛門

小瀬新太郎

生駒頼母

留永孫太夫

松井市兵衛

石河竹次郎


(御用人)

小笠原三郎右衛門

留永孫太夫

津田九郎次郎

竹中彦左衛門

阿部主膳

下條数馬

松井市兵衛

竹中彦四郎

山村多門

櫻井内記

川村縫殿

小池良次郎

浅野永十郎

服部喜八郎

長谷川惣蔵

佐枝新十郎

長野七郎右衛門

中西真之助

五味織江


(同格)

浅野善右衛門

吉原権六郎


(御城附)

磯野三右衛門


 延享4年(1747)に完成した尾張藩士の系譜集「士林泝洄」(『名古屋叢書 続編』第17~20巻 名古屋市教育委員会編 愛知県郷土資料刊行会 1983-84)と同続編に収録されている藩士の苗字一覧。


《あ》

相田 相原 青木 青野 青山 赤尾 赤林 赤堀 秋田 秋元 秋山 浅井 浅岡 朝岡 朝倉 浅田 浅野 朝日 朝比奈 浅利 芦沢 東 足立 阿知波 渥美 跡部 阿部 安倍 天野 雨宮 新井 荒尾 荒川 鮎川 粟生 安藤 安西

《い》

飯尾 飯川 飯島 飯田 飯沼 池部 生駒 石井 石河(いしこ) 石川 石黒 石谷 石堂 石原 伊勢 猪谷 一色 市浦 市川 市瀬 市辺 市村 井出 伊藤 伊奈 稲垣 稲富 稲葉 稲吉 稲生 井上 井野口 伊部 庵原 今泉 今井 今村 磯貝 磯谷 磯野 岩下 岩田 岩付 岩間 岩本 岩屋

《う》

魚住 上田 上野 植松 牛込 臼井 碓氷 宇津木 宇野 浦井 海野

《え》

江坂 江原

《お》

大井 大泉 大久保 大熊 大河内 大崎 大沢 大塩 大島 太田 大田 大津 大槻 大塚 大西 大野 大橋 大村 大森 大脇 岡 岡崎 小笠原 岡島 岡田 岡寺 岡野 岡部 岡本 小川 奥津(興津) 沖野 荻野 奥田 奥山 奥平 刑部(おさかべ) 尾崎 小沢 尾関 織田 小田切 小田野 落合 小野 小野沢 小野寺 小畑 小原 小尾 帯金 小山田 恩田

《か》

甲斐庄 海保 海部(かいふ) 各務 柿沼 梶 梶川 梶田 梶原 賀島 梶村 栢(柏)野 糟谷 粕谷 片桐 片山 勝野 加藤 鹿取 金森 金子 兼松 上泉 神尾 神谷 川合 川内 川口 川崎 河村 河(川)村 川澄 川地 神野

《き》

岸上 橘田 木村 京極

《く》

久々宇 日下部(くさかべ) 植田 楠 国枝 久野 久米 熊井 熊木 熊沢 倉林 栗木 栗田 畔田(くろた)

《こ》

小池 河野 幸村 高力 小久保 小山 児島 小菅 児玉 後藤 小林 小藤 駒林 五味 小見山 小山 権田 近藤

《さ》

西郷 雑賀(さいが) 佐枝 佐伯 三枝(さえぐさ) 佐尾 酒井 坂井 榊原 坂崎 坂部 酒巻 向坂(さきざか) 佐久間 桜井 桜木 桜口 桜山 笹岡 佐々木 佐々 佐治 佐藤 里村 佐分(さぶり) 鮫島 沢 沢井

《し》

塩川 柴田 柴山 芝山 渋谷 島沢 清水 志水 四宮 志村 下 下方 下条 進 新開 神野

《す》

須賀 須賀井 菅谷 杉浦 杉崎 杉立 杉野 杉山 勝(すぐろ) 鈴木 須永 須野崎 住山 諏訪部

《せ》

瀬尾 関 赤上 瀬戸 千賀

《そ》

副田 左右田(そうだ) 園田

《た》

大藤 大道寺 高木 高田 高津 高梨 高野 高野瀬 高橋 高浜 高間 多賀谷 滝川 滝見 滝本 竹居 竹腰(たけのこし) 竹田 竹中 武野 建部 竹屋 田島 田代 立込 辰巳 伊達 田中 田辺 谷口 谷田 玉置 多羅尾

《ち》

近松 茅原田 千村 中条

《つ》

津金 柘植(つげ) 辻 津田 蘿木(つたき) 土屋 都筑 角田 恒川 坪内

《て》

手川 手島 寺尾 寺西 寺町

《と》

東条 遠山 土岐 徳光 徳山 戸田 轟 都丸 富田 富永 舎人(とねり) 外山 豊田 鳥居 取田

《な》

内藤 長岡 永井 中川 長坂 長崎 中島 永田 中西 中根 中野 長野 長屋 中村 並河(なびか) 鍋田 行方(なめかた) 成田 成瀬 南部

《に》

新見 新野 西尾 西岡 西川 西沢 西村 蜷川(にながわ) 韭(韮)山 丹羽

《ぬ》

沼田

《の》

野垣(野々垣) 野崎 能勢 野中 野原 野間 野村 野本 野呂 野呂瀬

《は》

垪和(はが) 萩原 橋爪 幡野 羽田野 波多野 蜂屋 八田 服部 羽島 長谷川 埴原 馬場 浜島 飯万島(はましま) 浜田 早川 林 速水 逸水 原 春田 坂(伴) 坂野 

《ひ》

日置 比木 樋口 彦坂 久松 肥田 平井 平岩 平尾 平岡 平沢 平野 広瀬

《ふ》

深尾 深沢 深田 深津 福尾 福田 福住 福富 藤井 藤江 藤沢 藤田 藤村 舟越 舟橋 古高 古屋

《ほ》

星野 細井 細野 堀 堀田 本郷 本多 本間

《ま》

前島 前田 牧 蒔田 牧野 正木 間島 馬杉 増島 増田 松井 松尾 松岡 松田 松平 松村 松本 曲淵 真鍋 問宮 丸山

《み》

三浦 三尾 箕形 三沢 水谷 水野 御宿 御友 三村 三宅 宮崎 三輪

《む》

武藤 村井 村尾 村上 村瀬 村田 室賀

《も》

毛利 森寺 森村 森本 守屋 両角(もろずみ)

《や》

八尾 柳生 柳下 矢崎 矢島 安井 安田 矢田 山内 山岡 山上 山口 山崎 山下 山城 山澄 山田 山高 山寺 山名 山中 山吹 山村 山本

《ゆ》

湯浅 油川 弓場 湯本

《よ》

横井 横内 横田 横地 吉岡 吉田 吉原 吉村 寄田 米倉

《わ》

若林 和田 渡辺


 「士林泝洄続編」に収録されている苗字一覧て゜す。

《巻第一》

埴原 神谷 酒井 兼康 森 小出 浅井 加藤 高橋 大澤 田中 岡田

《巻第二》

美南川 栗崎 石川 中嶋 高橋 宇野 澤邊 武田 福岡 秦 小川

《巻第三》

關 長坂 早川 人見 丹羽 上田 木下 久野 加藤 東條

《巻第四》

中嶋 高麗 三浦 上村 鈴木 三村 高屋 林

《巻第五》

飯田 中尾 鈴木 池田 中川 小泉

《巻第六》

黒田 岡本 上野 櫻井 八木 丸山 谷村 守崎 平岩

《巻第七》

淺井 林 天野 川崎 森 奥澤 木崎 蔭山 山口 松岡 水谷 小塩

《巻第八》

横山 座光寺(村上) 星合 大嶋 三浦 山田 青山 七澤 荒木(杉山) 井田

《巻第九》

野々目 丹羽 池田 伊藤 中村 大野 鹿野間 川上 友成 渡邊 大橋 野村

《巻第十》

石堂 生駒 飯沼 正木 岩瀬 中澤 松村 中川 粕谷 拜郷

《巻第十一》

澤田 恩田 飯田(飯嶋) 武藤 太田 高田 安達 木村 太田 河原

《巻第十二》

高木 神田 五味 廣澤 市江 吉田 富永 鈴木 小田原 水谷

《巻第十三》

鈴木 河村 松井 清見原 初鹿野 八木 兼杉 小澤 櫻井 早川 廣澤《巻第十四》安井 半田 藤村 桑原 鬼頭 立家 薗田 渡邊 大森 天野 遠藤 榊原 小川

《巻第十五》

杉浦 小笠原 中尾 柴崎 服部 鈴木 山高 矢部 矢部

《巻第十六》

礒松 松永 内堀 神谷 岩田 石川 坂井 星野 吉川

《巻第十七》

坪内 佐久間 椙山 大脇 建部 楢原(布施) 牧 深萱 原

《巻第十八》

福澤 林 大井 赤井 永平 大嶋 松平 伊勢

《巻第十九》

外岡 宮崎 松原 堀江 土肥 棚橋 小關 稲葉 廣瀬 柿崎

《巻第二十》

加藤 稲留(稲冨) 大嶋 津田 宇都宮 今村 津田 眞野 内田

《巻第二十一》

松田 加藤 久世 佐藤 皆川 森川 佐野 前田 田代 仲 神戸 大久保 村主 渡邊 神谷

《巻第二十二》

古川(山田) 遠山 名倉 渡邊 里見 淺井 津田 關口 加藤 加藤日江井 日江井 天野 駒井 拓植 三輪 内田 丹羽 内藤 榊原 大塚 宇野 佐野 長尾 青木 山中 原田 鈴木 吉田 竹内

《巻第二十三》

井上 久野 船橋 小川 清水 小笠原 小倉 淺井 加藤 宮脇 半田(安藤) 半田(安藤) 清水 七宮 七宮 高木 宮澤 磯野 高野 坂井 八木 阿部 青山 青山 清水 金子 上田(中野) 榊原 榊原 百々

《巻第二十四》

伊藤 山田 冨山 桂 金森 近藤 橋本 近藤 近藤 重野 権田 冨田 眞野 小川 久世 久世 淺野 近藤 坂本 佐藤 雲川(三浦) 小林 八尾 飯田 増田 廣瀬 八木 本多(新潟) 松山 村上 林

《巻第二十五》

宮川 佐藤 生駒 新澤 近藤 寺岡 鈴木 落合 小出 鳥居 冨田 礒村 水野 服部 古川 松田 土井 田中 河野 兒嶋 相羽 石塚 一色 細川 渡邊 福井 中川 樫原 岡田 川口


【明治初年の士族と卒族の数】

士族 2520戸

卒族 6130戸


【系図・家譜・由緒書】

「士林泝洄」 『名古屋叢書 続編』第17~20巻 名古屋市教育委員会編 愛知県郷土資料刊行会 1983-84

「士林泝洄続編」『名古屋叢書 三編』第4巻 名古屋市蓬左文庫編 名古屋市教育委員会 1984年

『角川日本姓氏歴史人物大辞典 愛知県姓氏家系大辞典』 愛知県姓氏歴史人物大辞典編纂委員会編著 角川書店 1991年

『名古屋市史資料影印叢書 尾州諸家系図集』 名古屋市鶴舞中央図書館 1992年

『尾張国諸家系図』 加藤国光著 展望社 1987年

『尾張群書系図部集』全2巻 加藤国光著 続群書類従完成会 1997年


【藩士名簿】

『【稿本】藩士名寄』 名古屋市蓬左文庫編 名古屋市蓬左文庫 1994-99年

 江戸時代後期の藩士の勤書です。

「藩士名寄」旧蓬左文庫所蔵史料140-4 上記の異本です。(財)徳川黎明会 徳川林政史研究所がPDFで公開しています。こちらからダウンロードできます。自己責任でお願いします。

(嘉永5年)「家中いろは寄」 『尾張藩士録』 ブックショップ「マイタウン」 1998年

『尾張藩幕末武家屋敷図 付 下級士族名簿』 鬼頭勝之編 ブックショップマイタウン 2010年

(明治初年)「名古屋藩士名簿」 名古屋市立鶴舞中央図書館

「尾藩分限帳 明治二年訂正」 『新修名古屋市史 資料編近世1』 新修名古屋市史資料編編集委員会編 名古屋市 2007年

「尾参士族名簿」 愛知県立公文書館 原本は徳川林政史研究が所蔵。

『名古屋城下お調べ帳』 名古屋市博物館、名古屋城下の各種絵図と藩士5万名の系図、履歴を検索できるDVDです。販売については名古屋市博物館の名古屋城下お調べ帳のページを参考にしてください。


 特定の藩士についてもっと詳しく知りたい方、ご先祖が藩士と聞いているものの、確認する方法が分からないという方は、当サイトの相談からお問い合わせください。