上山藩


 3万石 譜代 松平(藤井)氏 山形県上山市


上山城
上山城


「明治元年武鑑」


〔御組頭〕

松平善右衛門


〔御家老〕

山村縫殿助 

渡邊五郎左衛門 


〔御中老格〕

毛利孫平治 


〔御用人〕

秦善太左衛門 

三輪十郎左衛門 

山村鷲次郎 

増戸庄右衛門 

藤井主水 


〔寄合〕

松平帯刀 

松平幹次郎 

松平半蔵 


〔御側用人〕

松井八郎兵衛 

杉原嘉兵衛 


〔御城使〕

稲村左近 


〔御添役〕

篠崎忠太夫


 『上山市史 中巻』(上山市市史編さん委員会編 上山市 1984年)に「明治二巳年 藤井松平氏の分限帳」という項目があり、最後の藩主16代松平信安時代の家臣団が掲載されています。そこに記載されている藩士の氏名を紹介しましょう。


山村縫殿助

渡邊小隼人

松平外記

松平頼母

増戸庄右衛門

泉水百輔

中村祐右衛門

松平帯刀

藤井輝太郎

藤井八百太郎

山村鷲次郎

祝段兵衛

増戸武兵衛

山村三郎兵衛

永井孫惣大夫

小池清九郎

師岡弥一左衛門

門奈惣右衛門

秦多次馬

仁科大之進

川勝三平

菊池大六

毛利敬太郎

増戸逸平治

森本七郎兵衛

青木源左衛門

湯原健治

沢野次郎右衛門

須藤太郎左衛門

大岡吉左衛門

小野利左衛門

菅谷蔵主

師岡弥五兵衛

山田格之丞

成瀬角左衛門

朝比奈政右衛門

松山衛守

永井作兵衛

小川平次右衛門

玉造杢輔

寺尾新左衛門

杉原加兵衛

小池嘉平治

栗山判兵衛

高橋左近

曽我部右介

青木権太夫

吉川冨右衛門

奥山郷右衛門

木村志馬太

渡邊継之進

金子弌蔵

三輪彦兵衛

松沢数馬

岩井助八

小川助左衛門

○崎忠太夫

中村吉摩

舟橋昌庵

土田源次兵衛

中山又兵衛

高橋文太夫

若山小源吾

稲村力之助

山村主税

山下宗七郎

藤枝寛吉

松井主殿

渡刈極人

小池平策

玉造権左衛門

細江彦惣

細江傳弥

松井精一郎

中村平助

泉水小市

永井彦之進

仁科乙蔵

川勝乙次郎

菊池雄太郎

須藤勇

大岡順次郎

菅谷辰弥

師岡半之允

朝比奈和四郎

松山侶之進

永井退蔵

高橋小弥太

松沢格之助

小川吉之進

○崎橘太郎

舟橋昌温

河野千馬助

細江綾之助

梅津元泉

奥山元仲

谷野九右衛門

船橋勘兵衛

酒井内蔵助

石田穫蔵

田井憲之助

成瀬勝之進

天野傳兵衛

小野素平

宇留野誠庵

宮村彦六

大森快春

鈴木立意

福田多仲

佐藤辰右衛門

山本左太夫

木田園右衛門

柏倉長十郎

斎藤弥市

佐々木弓太郎

山下隼之助

服部小三郎

土屋庄蔵

成橋午三郎

小川郡太

天野助作

穴原五平治

浅野晋平

鈴木武雄

山内此右衛門

吉川太郎

五十嵐小藤太

遠藤長庵

矢野六郎

村山忠篤

柴田牧助

小林弥右衛門

鈴木元哲

伊田浅之助

石黒杏春

武永軒蔵

荒木市郎

奥山幸三郎

寺尾新十郎

湯原慶右衛門

藤尾由衛

土田忠之助

鈴木文右衛門

柏倉磯太郎

鈴木与太夫

中田甚兵衛

松下左傳治

伊藤忠之進

小林小右衛門

伊藤太右衛門

奥山樹太郎

奥山又玄

奥山久之進

青木新吉郎

青木修治郎

大森金十郎

谷野源之進

佐藤丈左衛門

今野助惣

柏倉巻五郎

谷野源六

犬石善太夫

大角五十母

中島惣太夫

鈴木大右衛門

佐々木権兵衛

村上準蔵

榎小平太

岩瀬喜蔵

佐藤左源太

原田幾太

渡辺九十郎

新寺久五郎

柏倉虎治

山本武之助

佐々木明助

斎藤鉄右衛門

渋谷林右衛門

山口清十郎

吉江傳五左衛門

堤作右衛門

柴田清右衛門

高橋定助

鈴木藤太夫

高橋右内

中山清左衛門

沢部儀平太

荒木進蔵

山内範平

山口吉兵衛

渡邊藤蔵

鈴木助右衛門

佐藤佳右衛門

瀧口甚平

清野善作

清野弥平治

櫻木卯右衛門

佐藤慶治

片田運平

柴田冨太

湯原七郎

佐々木岩吉

鈴木久吉

嶋貫玄泰

藤卯右衛門

小林久馬三

木村桂次郎

遠藤京右衛門

堤弥門

高橋右三郎

宮地忠迪

大泉大助

冨沢林助

山内和三郎

一柳庄五郎

加藤銀次郎

鈴木新五左衛門

渡辺嘉右衛門

岡田喜七

佐藤喜三郎 

小林忠吉

武田越之進

東海林冨蔵

奥山勘太夫

佐々木藤兵衛

小林勝治

千葉金作

中山童平

東海林波之助

佐藤邦蔵

犬石善茶

尾形友蔵

一柳藤太

佐藤又右衛門

木村友右衛門

鈴木清蔵

河合元次郎

一柳勘右衛門

鈴木平衛門

藤尾久佐

土屋小左衛門

酒井覚右衛門

羽島金七

高橋祐八

南條善兵衛

加藤兵吉

飯嶋定之助

佐藤長左衛門

二瓶慶八

大木秀之助

笹原忠吉

五十嵐三郎治

高橋四平

稲毛忠右衛門

石山甚右衛門

清野弥惣助

金原武七

渋谷門三郎

山口半右衛門

羽嶋齢助

武田半次郎

二瓶八五郎

眞壁友左衛門

山口吉五郎

岡崎森右衛門

金井英八

山川三吾

小松幸太郎

森軍蔵

中山周嘉

佐藤利太夫

村上皆蔵

武田弥太郎

山本友八

吾妻岩次郎

木村清内

佐々木廣太

吉田忠蔵

渡辺一太郎

佐々木作治

佐々木兼助

斎藤冨弥

庄司辰五郎

秋山善八

小林仲治

片田五郎八

遠藤栄三郎

岩瀬友治

奥山孫六

渋谷林佐

渡辺源五郎

高橋丹蔵

堤勝之助

遠藤京助

岡田冨蔵

佐藤喜兵衛

瀧口岩太郎

渡邊又治

早坂梅治

中嶋宅五郎

一柳庄吉

櫻木利蔵

佐藤周栄

吉田丈秀

松村敬庵 

真壁金助

高橋源治

村田金右衛門

斎藤七右衛門

久宇田嘉左衛門

猪又利右衛門

山田金六

高橋栄七

武田久内

須藤林作

大戸松之助

河合喜兵衛

佐々木忠助

柏倉利作

土屋小三郎

武田弥市

柏倉長蔵

木村為八

秋葉六助

一柳助蔵

鈴木清三郎

石山佐七

本宮政太郎

本宮真兵衛

猪又圓次郎

村上藤助

斎藤三蔵

山口権平

寺戸左源治

佐藤秀蔵

五十嵐仁三郎

井東平蔵

小山清兵衛

飯嶋武助

村田金兵衛

廣瀬市太夫

笹原敬之助

高橋泰次郎

真壁清六

加納市蔵

工藤保之助

武田松太郎

佐藤周助

鈴木利七

今野倉吉

青柳次三郎

久宇田幸八

藤田佐助

木村多吉

清野岩治

稲毛幸吉

金井藤吉

今野留之助

庄司周吉

武田喜六

松田留三郎

倉橋竹次郎

堀井辰五郎

深田八十八

松倉靏吉

井田慶之助

二瓶三郎治

吉田勝蔵

廣瀬市之助

布施喜代治

二瓶三男治

木村小平治

千葉千枝之助

猪亦四方八

清野初次郎

高橋傳佐

土屋久三郎

千葉勝五郎

相原市五郎

高橋善五郎

武見金七

佐藤淺吉

山田冨之助

渡刈左馬助

門奈藤八

宇留野俊庵

柴田十右衛門

伊藤瀧右衛門

一柳庄左衛門

佐藤傳右衛門

高橋文六

高橋藤右衛門

高橋七郎

渡辺久右衛門

松本長兵衛

斎藤又之助

河合元亮

高橋弥平治

會田太郎左衛門

佐藤三郎右衛門

大場小次郎

原田周蔵

徳治又右衛門

米屋喜平

丸屋卯八

宇兵衛

久兵衛

米屋三右衛門

伊丹屋四郎兵衛

茂左衛門

金子敬斎

林田小右衛門

姫路屋長兵衛

松井庄三郎

大坂屋三右衛門

小川平八

橋本政五郎

森川屋伊之助

松倉七左衛門


【明治初年の士族と卒族の戸数】

士族 120戸

卒族 147戸


【藩士名簿】

(慶応4年)「戊辰役出陣者名簿及国事役職」『上山市史編集資料 第22号』上山市史編さん委員会編 上山市 1977年

(明治2年)「分限帳」『上山市史 中巻』 上山市市史編さん委員会編 上山市 1984年


 特定の藩士についてもっと詳しく知りたい方、ご先祖が藩士と聞いているものの、確認する方法が分からないという方は、当サイトの相談からお問い合わせください。