ご相談


現在の回答待ち人数は3名です。


 ご相談のさいには、メールを送信する前に次の事項をよくお読みになってください。


  1. ご相談は無料です。質問に回答するのはあくまでも私のボランティア活動であり、私が40年近く学んできた専門知識を広く社会に役立てたいと思っているだけです。私は家系図業者ではありませんから、作成代行のしつこい勧誘や何かの購入を勧めるようなことも致しません。その点はご安心ください。
  2. 私は長年にわたって行政書士、司法書士などの士業に対して系図学を指導してきました。教え子の中には家系図作成の業者になった者、戸籍のみを扱っていた業務からより専門的な業務をこなすようになった者が数多くいます。また全国的によく知られている家系図作成業者に対しても顧問的な立場で日常的にアドバイスを与えています。私は北国が好きなため、あえて東京圏には住まず、札幌に居を定めていますが、全国どこからの質問にもお答えできる専門知識を持っています。
  3. 無料のため匿名のご相談にはお答え致しません。必ず氏名(本名をお書きください)、住所(市町村名だけで結構です)、年齢(〇〇歳ではなく、40代のような記載でも結構です)を明記して下さい。一昔前までは、相談と言えば手紙やはがきが送られて来ました。そのときは住所と本名が書かれていないものというのはあり得ませんでした。ネットでもその形を引き継ぎたいと考えております。ネット全盛の時代に古風と思われるかも知れませんがご理解ください。
  4. 質問は要点を列記したような簡潔な文章でお願いします。
  5. 下記の送信フォームでは資料の添付ができません。資料を添付する場合は、問い合わせに記載されているアドレスから送っていただくことになりますが、添付のあるメールは迷惑フォルダに振り分けられる可能性が高くなります。そのため、まずは下記から質問のみを送信したあと、私の返信に対して、ファイルを添付して再送信していただくことをお勧めします。添付の資料は1~2枚程度にしてください。
  6. 日々の講座の合間に回答しますので、お返事が1か月後ということもあります。気長にお待ち下さい。
  7. 差別的な質問や調査、反社会的な調査、ご自分のご先祖以外の調査については一切お答えいたしません。他人の家系を本人に無断で調べていることが判明した場合、法的処置を取ることも検討します。
  8. 家系図作成業者の方は、業者であることを明記している場合には回答いたします。業者であることを隠して第三者になりすました質問は厳に御慎み下さい。
  9. 時間の関係で質疑応答を何度も繰り返すことはできません。メールのやりとりは通常1~2回程度とお考えください。
  10. お送りいただいたメールには、私の講座へのお誘い、私の新刊書の紹介など、何らかのお知らせをお送りすることがあるかも知れません。これが唯一の営業的な行為といえば、行為です。ご興味の無い方は迷惑フォルダに入れるか、無視していただいて結構です。とはいえ、お送りすることは、ほとんど無いとは思いますが。
  11. 札幌近郊にお住まいの40歳以下の方で、ご自分のご先祖調べだけではなく、将来的には第三者から依頼を受けて家系図作成のお手伝いもしたいと思っている方は、研修生募集にご応募ください。詳しくは研修生募集をお読みください。
  12. 問い合わせのメールに記されているメールに回答しようとしても、「このアドレスは存在しません」などの理由で不達になるものがあります。また初めての質問の際にファイル添付がある場合、迷惑フォルダに振り分けられ、スパムとして消去されてしまうこともあります。問い合わせた方は、ご自分のメールが不達、あるいは削除になっていないかどうかを定期的に「不達メールの掲示板」を見て、必ずご確認ください。そして、不達メールの掲示板に記載がなくとも、もしも1か月以上、返信の無い場合は、改めてお送りください。迷惑フォルダに入ってしまうと、以後、ずっと入り続けるため私の方でも気づかないことがあります。返信が無い場合はアドレスを変えて送信しなおす方法もお勧めします。
  13. 有償支援も行っています。有償支援についてはこちらをご覧ください。有償支援と無料相談の違いは、無料の場合はすでに調査が完了し、整理が終了した情報をお知らせしています。また私の管見をメールで簡潔に回答いたします。有償支援の場合は質問に対して基礎的な調査を新たに行い、レポートを作成し、発見された資料があれば、メール添付などで送付いたします。回答までの時間も有償支援の場合は、1週間以内に返信いたします。 


 問い合わせが毎日のようにあるため、以上のお約束を守っていただけないメール対しては、申し訳ありませんが返信はしておりません。ご了承ください。

 

回答者


岸本 良信 Kishimoto Yoshinobu

1964年生まれ。札幌市在住。固有名詞学(人名学)・系図学研究家。

 雑誌編集者を経験した後、日本初の試みだった公立の苗字博物館建設計画に深く関わり、2001年には『道産子のルーツ事典』(中西出版)を刊行。日本家系図学会より丹羽記念学術賞を受賞する。道新文化センター講師、NHK文化センター講師。道民カレッジ・UHB放送大学・札幌市民大学講座、女性大学など道内の主要な公開講座だけではなく、東京・岩手・広島県など道外でも講演多数。2014年8月には岩手県の一関市博物館で開催された企画展「系譜ー先祖を語る江戸時代ー」に講師として招かれ、「寛政譜と諸藩の系図ー近世武家系図の意義と問題点ー」というテーマで講演をした。これまでに数多くの家系図作成業者を育成、指導し、助言を行っている一方、自らが講師を務める講座などを通じて年間に300家近い家系の調査アドバイスや除籍解説を行い、これまでに関わった先祖調査はゆうに5.000家以上にのぼる。『税のしるべ』(大蔵財務協会)、『北方圏』(北方圏センター)、『歴史と旅』(秋田書店)など多数の雑誌、新聞に原稿を書いている。NHK、HBC、UHB、STVなどのTV、ラジオにも出演し、北海道新聞、読売、朝日、毎日などの新聞にもたびたび記事が掲載されている。

 Japanese Genealogist 人名学(Anthroponymy)研究


 詳しいプロフィール活動歴はリンクページをご覧ください。